プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

旨いお酒と美味しい肴と語らう人との
楽しいひとときが大好きです。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

酒があるところには親方が要る Feed

2010年4月14日 (水)

酒の会ダブルヘッダー

喜楽長 爆裂     喜多社長

日曜日の日にお酒の会が二つ有りました。

私は何事も誘いが来たら何か縁が在ると思いどちらも参加しました。

まずはお昼12時から道頓堀「ずぼらや」にて喜楽長蔵元喜多社長の

「酒学事始め」と題打ってお酒に関する一通りの勉強と喜多酒造の酒造りの

話をうかがいました。

そのあと6種類ほど利き酒し「てっちり」宴会とあいなりましたdelicious

参加者の方々はほとんどが飲食関係の方で蔵元との酒談議有り、

質疑応答あり、有意義でした。

懐かしい顔ぶれや良く合う顔ぶれ良く行く店の顔ぶれ等ほとんどが

顔見知りでした。

その中のこわもて大将に声かけて次の酒の会天六あたりの

「なかやま酒店」に15時いざ移動!

この頃はまだ記憶もあり酔っていませんでしたsmile

その酒屋にはすでに大勢の人が集まってました。

一人一品持ち込みの酒の会です。

私は例の「親方の豚味噌」を差し出し自分のテーブルの方中心で

つまんでもらいました。

次から次と酒が出てきては呑み、またまた酒談議が始ります。

ここは酒屋です。

みんなでは呑みきれないほどの酒があります・・・・・

どれぐらい呑んだのでしょう・・・

どれぐらい時間がたったのでしょう・・・

どれぐらいお店を回ったのでしょう・・・

気がついたときはなんとも不覚!

あるBARで目覚めましたhappy02

たぶん酒の会は18時ぐらいには終わっているはずなんですが・・・

この時は21時ぐらいではないかとcoldsweats01

それから行きつけの「ていだ」で仕上げて帰ったような気がします。

寝不足で呑むとだめですねえ・・・

この日の周りの方々にはご迷惑かけましたthink

これからも6月中旬まで呑み会が続きますhappy02

また酒呑み食べ歩きはツイッターでも発信しております。

紹介店を探し出すのも面白いと思いますよ。

2010年4月 5日 (月)

玉川酒蔵見学ツアー


3月28日大阪酒塾勉強会で久美浜の木下酒造「玉川」蔵見学の日です。

去年も来てますので楽しみでした。

それは今年の造りから麹室が新しくなったからです。

去年は土壁でしたがどう変わっているのか興味がありました。

そして利き酒(写真)しました。

見事に酸の特徴が失われずなおかつ深味と透き通った酸味により良く

なっていました。

味が濃く酸も濃く杜氏も濃い!

ここの杜氏はフィリップハーパー(写真)というヘンコなイギリス人です。

今はやりの泡無し酵母を使わずいまだ泡消し機(写真)を使っているんです。

個人的には濃い酒が好きなので店には置きますが・・・

ここで気に入った変わった酒4~5本予約しています。

どれも無濾過生原酒です。

4月29日祝日ですが特別営業します。

この日は日本酒生酒の日としていろいろ生酒を揃えます。

私が呑むのが楽しみなんだなあ・・・

只今料理通信5月号に掲載されてますのでまた立ち読みでもして・・・

いや買って読んでください。

全般に素晴らしい内容に仕上がっていると思います。

酒肴人 のサービス一覧

酒肴人